PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小劇場:番外編・2 頑なに揺れる心

(またしても)かなり好き勝手やってしまいました;;;
しかもいつもの会話体じゃないし!(汗) 基本的にウチの人物の台詞しか書けませんしね…。
これをSSとして書いてるつもりはないとはいえ、物書きをやめて早○年…相当お見苦しい感じになっております。ご注意下さい。
ごめん勲さん。勝手に登場させちゃったよ(爆)。

ギリジンサイドの第1回はコチラ
iceさんサイドからつながっていて、そこでの設定とあんちゃんさんサイドの設定を拝借しております。
例の如く、まずい記述などありましたら教えて下さい。修正or削除致します。





【6月3日 安査探偵団・団員専用事務所】

 「――なんで引き止めなかったの!!?」
 そう言ったら、団の一員である彼は「留めてたら留めてたで文句言ったろw」と余裕で返してきた。
 う……まぁ、確かにそうだけどさ……。iceさんだって忙しいんだし。
 会えたらよかったのに、なんて気持ちからつい口走ってしまった自分が恥ずかしい。

 それにしても…まさかiceさんから、ご本人のデリバリーでお弁当が届くとは思わなかった。しかもそれなりの量が。添えられた手紙から察するに、人数分ということなのだろう。
 もちろんお弁当そのものもとても美味しかったが、何より気持ちが嬉しい。手紙から理由(わけ)を知る。お礼なんていいのになんて思いながら、ちゃっかり喜んでいる自分もいる。
 “主催者”に宛てたものだと分かっていても、だ。
 僕との仲、そしてノリの良い彼はラブレターだの何だのとからかって、遺憾なく僕の“天敵”っぷりを発揮してくれた。とりあえず応戦はしたけど…もう勝てる気がしないよ。


【数日後 市街地・某店前】

 むしろ感動してしまった。まさに画になっているその後姿に。
 物陰に隠れて店内の様子を伺う、見覚えのあるツンツン頭の人物の横を、邪魔にならない程度の距離を置いて通り過ぎた。もちろん気付かないフリも忘れずに。だってこの光景を壊すのは惜しすぎる。
 彼が居るということは、すでに妹さんは働き始めているのだろう。あれから数日しか経っていないというのにえらいなぁと思う。僕も頑張らないと。

 僕は今日、先日のデリバリーのお礼を言いに、iceさんが働くこの店に食事に来た。来店は初めてで意味も無く少し緊張。心地よいドアベルの音が若干それを和らげてくれた。

 いらっしゃいませ、と最初に顔を合わせたのは、背格好が僕に似たコックさんだった。たまたま厨房から出てきていたのだろうか。入手していた情報から察するに彼が「慎」さんだろう。
 きりりとした顔立ちで、女性にモテそうな感じがする。でもなんだろう、それとは違う鋭利なオーラをなんとなくだが感じる。うまく表現できないけど……敵に回してはいけない相手、のような。気のせいだろうか?

 席の案内に出てきてくれたiceさんに、感謝の旨などを伝える。お仕事の邪魔になってはいけないので手短に。ああ、もっと簡潔に印象的な台詞が出たらいいのにと反省しながら席に着いた。
 ……もしくは、もっと積極的に話しかけられる勇気でもあれば。
 そんな僕にも彼女は笑顔を向けてくれる。彼女はきっと“営業スマイル”なんて持たないんじゃないか、なんてことを思わせるほど明るく優しい笑顔だ。
 うん、来てよかった。

 料理を待つ間など、しばし店内を眺める。入店前に見た彼の妹さんはすぐ見つかった。ツインテールをぴょこぴょこと動かし一生懸命に働いている。様子を見るに、この仕事にも結構慣れてきているようだ。
 一度、あっと思うシーンもあったのだがなぜか「何事も無かった」。その瞬間、ある種の空気というか気配を感じた。残念ながらそれの発信源は分からなかったが。
 それはまるで、かの対戦で苦手なジャンルの問題に挑まねばならないときのような…いや、でも、僕の苦手ジャンルは――
 ……まさか。それこそ気のせいだろう。

 「ごちそうさまでした。美味しかったです。」
 清算を済ませて店を出るときもiceさんは「またいらして下さい。今度はぜひ皆さんも誘って」と笑顔で送り出してくれた。無垢な笑顔が眩しい。


 本当は僕のほうから誘いたいくらいだけどね。
 なんて、絶対に言えない。



===========================================

はい! というわけで(?)。
なんかもう本当にすみませんでしたっ! 色々とッ!!

補足1:ギリジンはとにかくヘタレです。
補足2:あの団員の店対戦歴の「ギリジン」のところには「カモ」と表示されております。これ実話也。

時系列的には、前半がiceさんサイドの第2回直後、後半がツン子ちゃんの日記の少し後くらい、でしょうか。


ここまで読んで下さり本当にありがとうございました。そうか、あなたが神か……。

| Answer×Answer | 23:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいえ、ケフィ…もといへたれでs(ry)

こんばんわです。楽しく読ませていただきました~。
すみませんギリジンさん、うちのツンツン頭に気を遣っていただいて…。
あんちゃんは妹しか見えていないので、気付かないふりなどなくても放置でOKです(笑)折角の大事なチャンスなのにウチの子らの挙動で気を散らせてしまい申し訳ない限りです( ノ ∀`)アチャー
妹には、次回来店時にアシストするよう言っておきますのでw

長井さんの話に使っていただけて本当に嬉しかったです。
有難うございました~!

| ハチヤ | 2008/06/12 23:15 | URL | ≫ EDIT

……とりあえず言わせてください。
ギリジン君を、一度お持ち帰りしてもよろしいでしょうk(爆破)

見ている間、四六時中ニヤニヤが止まりませんでした。
何この純粋な探偵さんは……ヘタレ万歳ですよ。もうw
最初の台詞といい、印象的な台詞がいえない所とか
どこかしらツボつきまくりですよ……彼!!
むしろこっちから誘いたい気分ですよ。
可愛い。といったら可笑しいかもですが…可愛いです。はい(待てコラ)


えっと、よかったらこの話のこっちサイドの話は
書いてよろしいんでしょうk(爆破)

……失敬、何かしら口を滑らせてしまいました。
とにかく、有難うございました!!
本当に感謝感激ですよっ……!!

では、失礼いたします…!

| myuu | 2008/06/12 23:16 | URL | ≫ EDIT

myuuさんとこで読んで気付いたのですが

本当に1分差ですね…!!

>ハチヤさん
いや、むしろ緊張を解くいい機会になりましたよ~。和みました^^
あと、ギリジンはまるで漫画か何かのような光景にいたく感動した模様です(笑)。
勝手に登場させてしまったにも関わらず、温かいコメントありがとうございます! こちらこそありがとうございました!!

>myuuさん
どうです? ウチのギリジン、かわいいでしょうw(親バカ乙)
…実は、どことは言いませんが、もし続きが出るとなったときのために伏線(?)として使えそうな要素は暗に盛り込んでみましt(爆破)
ん? 今なにかノイズが混じってしまったようですね、すみません。
あ、そうそう。何かかしら妙なところで敏感なギリジンですが、姐さんはあまりにもうわてすぎて本性を見抜けなかったようですww

| 長井透流 | 2008/06/13 01:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaitoru.blog87.fc2.com/tb.php/249-25f20e44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。