PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SC:小劇場・3 ジューン調に進んでますか?

何気に自分との対話って初めてじゃん。
まーたまに会うくらいで基本的に別行動(という設定)だもんなー。…というかギリジンをひとりのキャラとして動かし始めたのも結構最近だしね…。

つーわけでオーナーとメインのギリジンでちょいと小話(?)。
毎度のことではありますが。やはり先に謝っておきます。
本当にすみませんでしたッ!!







【6月21日 オーナー宅】

ギ「あの、これ…なに?」
透流(以下、透)「うん、似合ってるぞv」
ギ「質問に答えて下さい。」
式用です。見えないけど;

透「6月といえばジューンブライド! というわけで
  新郎用タキシード借りてきたー!v(ネタとして)
  ほら、お前最初からずーっと探偵だろ? たまには他の服も
  いいんじゃないかと♪」
ギ「…普通そのテーマなら花嫁にしない?」
透「なんだ、お前ウェディングドレス着たいのか? それならそうと早く言っt」
ギ「なんでそうなるんですかーっ!?
  そうじゃなくて。楓さんあたりに着てもらえばいいのに。」
透「それは色々とシャレにならないんだぜ!☆
  お相手の身元(カード)保持者は俺じゃないしな!!w」
ギ「オーナーの判断基準が分からない。僕ならいいっていう理由も。」

ギ「まぁオーナーのことだから、どうせまた誰かに影響を受けてきたんでしょ?」
透「(ぎくっ)…ほ、ほほー随分と大胆な推理じゃないか探偵くん。」
ギ「どこが。
  ホラー好きのオーナーがわざわざ直前の6月に目を向けるのは不自然だし、」
透「…………。」
ギ「…というか過去、他の方々に便乗せずに自発的に何かやったことがあったっけ?」
透「………………ごめんなさい。」
ギ「謝るべき相手は僕じゃないでしょ? 感謝の気持ちも忘れちゃだめだけど。」
透「それは忘れてないぞ。もう感謝してもしきれないくらいで…
  本当に、こんな奴にいつも付き合っていただいてありがとうございます。
  こいつ(ギリジン)を幸せにすることしか考えてない私でございますが
  何卒よろしくお願い致しますです。」
ギ「……オーナー……」
透「他の方々には悪いと思ってるけどな…俺は、お前には幸せになってもらいたい。
  そのためだったら何だってする。何だかんだ言ってもお前がかわいいよ。」
ギ「…………僕、オーナーとは結婚したくないんですが。」
透「ばっか今回のこれはそんなんじゃねーよ!!
  親みたいな存在と結婚する奴がどこにおる!」

だからこそ、影響元をこいつに知られちゃいけないわけだが…
外観だけ見てこようと思ってちょっとあのお店に行ってみたら あの子のあの姿の写真を見てしまってだな…いや、店の宣伝の一環だろう ってことは分かるんだが…勝手解釈もいいとこだよホントorz


ギ「オーナーが僕のこと考えてくれるのは嬉しいんだけどさ、
  そんな暇あったら 原 稿 描 い た ら ?
透「あーっ!! それ言うか?! 体内に溜まった萌え発散の機会を奪おうとはなんて奴!
  最近俺の周りでどストライクな絵が描かれたりしてだな!!
 (いやもうあれはやばい全部やばい何やってるんすかマスターオブヒゲ様)
  もうっ! 俺はお前をそんな子に育てた覚えはありませんっ!!!
  とっとと婿に行っちまえー!!!!! ギャース!!!」
ギ「ちょ、オーナー落ち着いて!!;」


オーナーはボタン叩いて発散するタイプじゃないとはいえ…やれやれ。…早く着替えて事務所に行こう。
皆の戦歴整理したり、やることは色々…ひょっとしたら応接室のほうに誰か来てるかも知れないし。
そういえば、結局式用タキシード着せられた理由分からずじまいだったなぁ。

(ギリジン、身支度を整え事務所へ向かう。)

……結婚、か。あまり想像できないけど。
もし僕の隣に誰かがいるとなったら、僕はその人を守れるだけの器量があるのだろうか。
この僕に? それこそ想像できない。
――でも…そんな僕の隣にいてくれる人がいてくれるとしたら。
僕ができる限り、大切にしたい
そうしたいと…思える人だといいな。

我侭かな。そうだよね。こんなヘタレを相手にしてくれる人なんて……



(心に浮かんだひとりの女性の姿を振り払い、応接用の事務所に向けて足を速めた。
 そこに、そんなことを考えていたことすら忘れるほどの展開が待っているとも知らずに――)

【終わり / 次回はちょっとした報告を兼ねて。】


===============================================

言い逃れはできない。もう普通に逃げるしかない(爆破)

| Answer×Answer | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaitoru.blog87.fc2.com/tb.php/256-f537c3d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。