PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色々更新しようと思って

久々に文書を放り込んであるフォルダをあさってたら、随分前にまとめたメモが見つかったので載せてみます。
ここを見ていらっしゃる皆様なら、「何を」まとめたメモなのかはすぐ分かると思います(笑)。

追記からどうぞ~。






●ハリー・フーディーニ
『脱出王』
マスコミを利用した売り込み技術はずば抜けた才能があり、当時のアメリカのトップスターとなった。
姓はフランスの奇術師ロベール・ウーダンの姓の綴り「HOUDIN」の最後に「I」を加えたものである。
彼の演技の中で特にメタモルフォセスと名付けられた人体交換が有名だが、
これは現在でもペンドラゴンズをはじめとするマジシャン達がレパートリーとしている。
ドイルやポーたちとも関係がある模様。(そういえばフー君とポーはリーグも同じだよね)。
心霊術の擁護を行なっていたコナン・ドイルと一時親交を結んでいたが、
フーディーニは手紙の中でドイルを非常にだまされやすい人物と評している。…って、ちょw

●デビッド・カッパーフィールド
カッパーフィールドは小さいとき、友達ともあまり話すことのできない無口な子供だった。大変内気で、孤独な少年だった。
幼少時からマジックに目覚め、その後14歳という最年少でSAM (The Society of American Magicians) へ入会。
16歳になるころにはニューヨーク大学で『マジック講座 The Art of Magic』を持ち、教鞭をとる。
あまりに現実離れした瞬間移動などを繰り返すため、双子、あるいは三つ子説がまことしやかに流れている。
「想像できたら、実現したのと同じこと。(If it can be imagined, it is real.)」

●ジョナサン・ペンドラゴン
妻のシャーロットと組み、ペンドラゴンズとしてイリュージョンを演じる。
数ある演目の中でも人体交換、「メタモルフォセス(メタモルフォーゼ)」の速さは他の追随を許さない。

●ロベール・ウーダン
『近代マジックの父』
時計職人であった技術を生かして、宙に浮かぶ時計やカップ&ボールを演じる
マジシャンの自動人形を多数作ったりもした。
夜会服(燕尾服)といった正装を着用。また明るい照明を使用した。→燕尾服・シルクハットが「マジシャンの代名詞」に。
「マジシャンとは魔法使いを演じる役者である。」

●ビュアティエ・ドコルタ
消える貴婦人は特に有名でマーク・ウィルソン、ダグ・ヘニング、
デビット・カッパーフィールドらもショーの中で使用していた。
消える鳥かご、4つ玉のシェルを考案。



もうお分かりかと思いますが、趣雑男子協会員の名前の元ネタとなっているマジシャンの皆さんです。基本情報やネタになりそうなところを抜粋してたみたい。
フーディーニとドイル様のネタに爆笑してた記憶がw

今回の趣味雑学男子・去年の夏の本に載せたエンタメ男子の他に、名前の元ネタが分かっているのは

自然科学男女(ただしジャルマンがちょっと不明)
語学文学男女
歴地社男女(全体の関連性がちょっと不明・国民の上に立った人というくくり?)
スポーツ女子
漫アゲ男女(キャラwikiで誰かが言い出したんですよね、確か)
グル生男女(師匠が解明・でもフォードさんは…?)

ですね。
意外と分かってるみたいだw(コラ)

現状分かっているところだけでも全部まとめられたらすごいけど…。

| Answer×Answer | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おおお!!!!

趣味雑学協会員特集とは…これは全力で飛びつくしか!!
全員手品師だったのですね!知らなかった!!

このネタを知る前からカッパーの特技は手品
(合コンでやると女の子ウケが良いと信じているため)
…とか考えていた自分が居ます。
自分の中では彼、無類の女の子好きだったりします。
(すみませんすみません!!)
ちょっと自信つきました(笑)

趣味雑学協会員たちは協会員の中でも贔屓しているところがあって
他にも考えていることはいろいろありますが
なかなか二次創作や設定まで手を出せず…。
いつか頭の中でぐるぐる蠢いているものが出せたら良いと思っているのですが。

今回非常に刺激になりました。ありがとうございました!!
 

| ひろむ | 2009/07/12 04:19 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます~。

実は私の中で、趣雑協会員達は他ジャンルと比べて影が薄いところがあって(ごめんなさい;;)、正直言うと、カッパーはロン毛協会員のなかで空気化しているフシがありました; 特徴といえばせいぜい「手品ができる」くらいで。
そんな彼の人物像を鮮やかに描いて下さったひろむさんには本当に感謝しております!
今の世の中には珍しい肉食系ですね(笑)。

今回、デフォ協会員というくくりで彼について文章にしてしまったのですが、問題があればさげますので言って下さればと…!

| 長井透流 | 2009/07/12 20:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaitoru.blog87.fc2.com/tb.php/339-0fadbb8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。