PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

式典に向けて

リーグに関するお知らせなどを交えつつ。

ロン毛たちが、何か話しているようです。



続きからその様子を覗き見することができるようです。


英仁英仁「いよいよだねー兄さん!!」
エイジエイジ「まーよくここまで来たもんだよね。」
薄茶髪ギリジンギリジン「あぁ…ありがとう、2人とも。」
英仁「どうしたの兄さん、あまり嬉しそうじゃないよ><」

薄茶髪ギリジン「嬉しくないってわけじゃないんだけど…実は、Sリーグに落ちちゃったんだ…orz」

「……………………。」

英仁「えええええええええ!!」エイジ「……。」
薄茶髪ギリジン「打ち合わせで出るついでになんとか式典の時間までにSSに戻りたいところだけど、成功する可能性はあまり高くない。戻れても、開催中にSに落ちちゃう可能性の方が高いわけだし…」
エイジ「そんなことでどうするのさ」
薄茶髪ギリジン「そ、そうだよね; Sだと流石にメインの人も少なkエイジ「そういうことじゃなくて」

薄茶髪ギリジン英仁「……?」
エイジ「そもそも何を配るわけでもない時報マッチなんて聞いたことがない。ゆい すずほさんとこの企画の一環で時報マッチが開催されることもあるけど、企画内で競い合ってる人同士の交流だからね。
要は、時報マッチだろうと「本気で勝ちに行ってる」わけだ。まぁ大概のアンサーさんは常にそうなんだけど。」

エイジ「でも最近の兄さんはどう? 忙しいから「押せるだけでも幸せ・楽しい」って、塔のチェックポイントか期間限定のスペシャルマッチでもない限り、本気で勝ちたいとは思ってないんじゃないの? 少なくとも僕はそう感じるよ。
死ぬ気で戦って、それでもSリーガーだったらそれは仕方がないよ。それが実力。もちろん運もあるし。
別にプレイスタイルにどうこう言うつもりはないよ。皆お金払ってやってる。自分の好きなようにやればいいじゃない。でもね
“自分が本当にそうありたい”と願っていることも諦めて、何かと理由つけて逃げてるってどうなの? 何のためにやってるわけ? それは臆病じゃないよ。怠慢だよ。」
英仁「エイジ! そんな言い方って…!!」

薄茶髪ギリジン「英仁君(手で制止して静かに首を横に振る)」
英仁「……」
エイジ「今、不調なんだってね。 ……苦手な積み重ねがたくさん出されたんでしょ? ビジュアルは1回しか出なかった。逆転ラウンドも苦手ジャンルばっか。得意&苦手ジャンルが特に分かり易くなってる兄さんだから狙われた可能性もあるけど、それでも自然科学や語文を投げてくる人はいる。…今日はそれぞれ1回くらいしか投げられなかったね。」
英仁「そういわれてみれば…!」
エイジ「それでも歴地社をなんとか取った逆転ラウンドもあったし、100%無理なわけじゃない。「押す勇気」が足りてない気がするけど、それはそう簡単に治るものでもないからねぇ(笑)。気持ち的に「諦めない」だけでもだいぶ違ってくるんじゃない?
……お嫁さんに見合う男になりなよ、兄さん。」
英仁「エイジ……。」

薄茶髪ギリジン「……エイジ君。」
エイジ「なぁに兄さん。」
薄茶髪ギリジン「…ありがとう。」
エイジ「どういたしまして♪」

英仁「ずーるーいー! エイジばっかオイシイところ持ってってるじゃん!」
エイジ「へへへー。 んじゃあ英仁もアナウンスなり何なりやればいいじゃない。」
薄茶髪ギリジン「えっ?」

英仁「それもそうだね! よーしフォントカラーも設定しちゃうぞ☆

会場がSSSリーグの皆様へ
中の人が弱すぎるばっかりに、当方そちらには顔を出せそうにありません。ごめんなさい;;
でも、参加者様でしたら何人かいらっしゃるのではと推測します。というか期待したいです(笑)。

会場がSSリーグの皆様へ
花嫁さんがいらっしゃいます。新郎もなんとか上がれるよう&維持できるよう努力します!
下手したら2クレほどBLT発動しちゃうかも知れませんが、もしそんな時にマッチングしましたら生暖かい目で見つつ斬ってあげて下さい!!

会場がSリーグの皆様へ
現時点で、新郎とマッチングできる可能性が一番高いのがここです。あとはSSの2文目からと同じく。もしマッチングしたらよろしくお願い致します!!


薄茶髪ギリジン「なんか聞き捨てならない発言があったのは僕の気のせいかな。」
エイジ「気のせいじゃない?(笑)」
英仁「僕は中の人が用意した原稿読んだだけだよ。来たるべき時に向けて練習しないと♪」



エイジ「あ、そういえば、レイナちゃんが午前中に映画観て、それからSSの会場に向かうって行ってた気がする。到着は式典が始まる15分前になるのかな?」
英仁「何の映画?」
エイジ「サマーウォーズ」
英仁「えっ、この前2回目観に行ったって行ってなかった?!」
エイジ「うん。だから3回目になるんじゃない?」
薄茶髪ギリジン「よほど気に入ってるんだね…。まるでオーナーみたいだ。」

薄茶髪ギリジン「ところでレイナちゃんのAnでの登録名ってどんなのだっけ…」
エイジ「好きな協会員カップルのアピール」
英仁「『リーグが離れていようと、そんなことはお2人の仲には関係ないのですv』って言ってた気がするー。」
エイジ「こないだ憧れのポニテのひとりであるこはね*さんの誕生日マッチにこっそり侵入して、知り合いのヒーローさんと当たっちゃって焦ってたよねw」
英仁「何も焦ることないのにねw」


エイジ「急だったせいで全然まとまってなくてすみません。まぁ、ざっとこんな感じで。」
英仁「明日はよろしくお願い致しまーす☆」
薄茶髪ギリジン「……お手柔らかにお願い致します。」
エイジ英仁「だーかーらー!!!」
薄茶髪ギリジン「うっ…。せ、精一杯頑張りますので、何卒よろしくお願い致します!!!
エイジ英仁「OK!」

| Answer×Answer | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaitoru.blog87.fc2.com/tb.php/349-8dfee763

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。